前へ
次へ

葬式は時代により変化することも

人が亡くなると行われる葬式は、亡くなった人を悼み、遺された人がまた新たな毎日へと踏み出すための区切りともなるものです。
国や宗教などによってそれぞれ決まり事があるケースもあります。
日本で多く行われる葬式では、参列者は黒の喪服を着るのが一般的です。
ただし、お通夜の場合には、普段仕事などで来ているスーツでもよいとされる傾向があります。
それは、会社帰りなどで着替えることができない場合などを考えているためです。
しかし、そのような場合でも、派手な服装は避けるのがマナーとなっています。
昔は自宅で葬式を行うことが多かったのですが、最近では、住宅事情などの関係から、葬儀場などを借りて行うケースが多くなっています。
また、終活の一環として、自分の葬式について、生前に遺言をのこしたり、あらかじめ葬儀社などと契約をしていたりする人も増えています。
自分の希望通りに葬式が行われるように、また、遺された人達に負担の無いようにとの思いからこのような人が増えているようです。

Page Top