前へ
次へ

葬式に出席することと人としての成長に関する話

葬式は神聖な儀式です。
人が死ぬときというのがどうなるのか誰にもわかりませんが、それを経験して死んでいく人というのはその瞬間が貴重ですし、なかなか目にかける機会もないので、出席する機会があるなら葬式に参加して、人の死というものを実感しておいたほうが良いでしょう。
人の死を実感する機会として、火葬の瞬間に立ち会うということがあります。
火葬で肉が焼け、骨だけになる故人の姿というのは儚いものがありますし、胸にぐっとくるものがあるのは間違いないでしょう。
特にそれが親族の場合、それを強く実感するのは間違いないでしょう。
中には親族間の仲が悪いケースもあるので、必ずしも死を実感するとは限りませんが、それでも骨だけになって身体が小さくなる姿は身につまされるものがあるでしょう。
つまり葬式というのはひと足早く旅立っていく人間の生き様を見ながら、それを自分と重ね合わせることで人として成長することに繋がるということです。

Page Top