前へ
次へ

新しいタイプのお葬式のいろいろ

お葬式というと、故人との別れ、送り出しを行う宗教的な大切な儀式です。
日本だけに限らず世界中で昔から行われている大切な儀式です。
日本においてこの儀式が少しずつ変わりつつあります。
昔から自宅、お寺などの葬儀場で僧侶がお経を読みます。
お通夜、告別式と2日わたり行われるのです。
また参列者も友人、知人、遺族の知人が参列したりしますが、現在では、かなりシンプルに行うようになり、親族と親しい友人のみにしたりしています。
家族葬というタイプのお葬式です。
参列者が少ないと大きな葬儀場も必要ありませんし、香典返し、食事などの手配も少なくてすみます。
また、密葬とう本当に家族と親族だけで行うタイプもあります。
このようなタイプの葬儀が増えつつあるのは、葬儀費用の高騰と、それにかかる遺族の負担が多いからです。
そのため、なるべくシンプルで簡単な形の葬儀が増えています。
遺族が費用をふたんするためなるべく費用を抑えるよういろいろなタイプのお葬式増えてくるでしょう。

Page Top